ホーム » 施設を中心とした運用中の音声案内システム » みるみる案内(サウンドリピーター)

施設を中心とした運用中の音声案内システム

近づくと、施設側から自動で音声を発するタイプ

みるみる案内(サウンドリピーター)

写真:カメラ

写真:サウンドリピーター

仕組みと概念図

カメラからの映像を画像認識処理し、杖利用者を検知した際に音声案内を流す。

概要

従来の音声案内システムでは端末を持つ必要があり、杖を持った上でさらに端末を持たねばならない不便さ、方式が異なるシステムでは使えない、といった「視覚障がい者への負担」「互換性の悪さ」が問題となっていた。

そこで、視覚障がい者の白杖や高齢者の杖を自動的に認識し、必要な音声案内を行うシステムを開発した。

杖の認識は「動き」「色」「形状」で行っており、静止した杖は認識しない。そのため、長く立ち止まれば自動的に音声終了し、騒音公害も発生しない。

想定利用対象

白杖利用者 その他:歩行障がい者、高齢者等杖を使用している人

システムの特徴
  • 端末が必要ない
  • 杖をついている人に対し自動的にサービスできる
  • 動きも判定基準としているため、長く立ち止まっている場合には音声は止まり、騒音公害を発さない
設置想定環境
  • 駅、空港の改札や入口、券売所、トイレ、階段、エスカレーター、エレベーター、案内板 等
  • 市役所等公共施設、大型商業施設の入口、総合案内板、トイレ、階段、エスカレーター、エレベーター等

データ

  • メーカー:TOA
  • 問い合わせ先:0120-108-117